BBクリームとCCクリームどう使い分ける?

BBクリームとCCクリーム。

 

名前は知っているかもしれませんが、本当はどんなもの?
疑問に感じている人は多いはず?

 

名前が違えば、用途もやっぱり違ってきます。

 

BBクリームとCCクリームの使い分け方が解ると、
ナチュラルメイクも、もっと楽しくなってくるかも?

 

 

BBクリームとは?その特徴は?

BBクリームは、そもそも医療現場から生まれたアイテム。
名前も「Blemish(傷を)Balm(癒す)」この頭文字からつけられています。
皮膚の手術の後のケアとして、肌を鎮静し保護する目的のために作られました。

 

今や、その機能を利用して下地・ファンデーションとして使える
メイク商品に発展していったんですね^^

 

◆BBクリームの特徴◆

  • 美容液クリーム・化粧下地・ファンデーション・コンシーラー・日焼け止めなどが

    1つになったオールインワン・アイテム。

  • カバー力もあり、仕上がりもリキッドファンデのような完成度になる。
  • メイクの時短もでき、お手軽に使える。

 

CCクリームとは?その特徴は?

CCクリームは、BBクリームの人気とともに化粧品会社が開発したアイテム。
正式名称の由来はありませんが・・・・
「Color Conditioning(色を整える)」や「Color Control(色をコントロールする)」
の頭文字をとったとも。これはメーカーによっても違うらしいです。

 

CCクリームはBBクリームよりはカバー力はありませんが、
美容効果もあり、肌の色むらを消してナチュラルな透明感をだしてくれます。

 

◆CCクリームの特徴◆

  • ファンデーションの要素は入っていない。
  • 肌をキレイに見せてくれる。
  • 美容効果が高い。

 

 

BBクリーム・CCクリームどう使い分ける?

1本で何役もこなすBBクリームですが、全ての効果を期待せずに、
ファンデーションを塗るのがちょっと・・・という時・時短したい時などに使うのがおススメ。

 

CCクリームは、カバー力はありません。
化粧下地の代わりにカラーコントロールとして使うと、
よりナチュラル感がでるのでおススメです。

 

BBクリームとCCクリームの大きな違いとしては「仕上がり具合」

 

どんな仕上がりにしたいのか?

 

あなたの肌の状態と、BBクリーム・CCクリームの特徴を理解して、
使い分けるといいですね^^